アフロヘアーにはどんなファッションが似合う?オススメのスタイルを紹介します。

アフロヘアーにはどんなファッションが似合うのでしょうか。
オススメのスタイルなども含めて紹介していきます。

・アフロヘアーのインパクトさを活かしたコーデがオススメ

アフロヘアーと言えば見ての通り大変インパクトが強いヘアーです。
そのボリューム感は強烈な存在感を感じさせます。
加えてその独特のファンキーさも魅力的なヘアスタイルなので、
陽気さや若さが全面に出やすい傾向にあります。

そのような特徴を持つアフロヘアーには
スタイリッシュ系やスポーツ系など格好良さを重視したスタイルがオススメです。

スタイリッシュ系ならば、スーツなどのフォーマルアイテムを用いることで
ヘアスタイルから感じられる陽気さを、大人の雰囲気に変えることが出来ます。
後者のスポーツ系ならばユニフォームやノースリーブシャツを用いるとアフロヘアーと
相性の良い、アクティブな印象を生みだすことが可能になるでしょう。

逆に避けたいアイテムとしては地味だったりあっさり気味のアイテムが挙げられます。
特にカラーリングが薄かったリ、繊細な作りがポイントのアイテムは
髪型のインパクトについていけないかもしれません。

アフロヘアーの存在感に負けないような、アイテム選びをすることが大切です。
オリジナルTシャツ プリントなどはインパクトもあり、おすすめのアイテムですよ!

暑い季節に帽子やアクセサリーはどう扱うべき?

暑い季節に帽子やアクセサリーはどのように扱うべきなのでしょうか
各点をまとめてみました。

・暑い季節では自身に合った帽子をしっかり選んでおくことが大切

帽子というとキャップ帽、ハット帽などが一般的ですがそれ以外でも様々な種類があります。
それぞれ日差しを防ぐ範囲や熱を吸収する効果が違っているので
暑い季節では自身に合った帽子を被っておきましょう。

暑い季節に帽子を被るメリットとしては、紫外線や日焼け対策、熱を避けて
汗の量を減らす効果などがあります。
普段帽子を被らないという方はこの機会に、好みの帽子をコーデに取り入れても
良いかもしれません。

・熱を溜めない材質のアクセサリーを身につけよう

暑い季節でのアクセサリーの扱いで気をつけたいのは、熱を溜める材質であるかどうか。
太陽熱を吸収しやすい素材で作られていた場合、
アクセサリー自体の温度が上がってしまって身につけづらくなる可能性があります。

また、夏場に関して言えば太陽光が出やすい時期なので日光、そして青空に映えるカラーや
輝きがあることが望ましいです。
人目を惹く効果があるアクセサリーだからこそ、こうした見映えの点はとても重要です。

暑い季節にボトムスはどう着こなすべき?扱い方のポイントを紹介します。

暑い季節にボトムスはどのように着こなすべきなのでしょうか。
扱い方のポイントを紹介していきます。

・蒸れや汗に気をつけた着こなしをしよう

暑い季節ではズボン、スカート問わず、ボトムスは蒸れやすく汗を掻きやすいです。
ですので、気温が高い時期には汗はけの良いアンダーや通気性を考えた着こなしを
しましょう。

汗による影響は見映えにも表れますし、肌荒れの原因にもなったりするので
気をつけるにこした事はありません。
暑い季節でのコーデを考えるならば、まず汗や蒸れ対策を万全にしておくのがオススメです。

・アウトドアなどに出掛ける時は使われている生地質も考えてボトムスを選ぼう

アウトドア、又は海外旅行では場所によりますが、乾燥による劣化や自然物による擦れで
衣類が傷つくケースも珍しくありません。
夏休みの旅行などで、そういった事が起こりうる場所に行く際は、
出来るだけタフな作りをした物をコーデに取り入れるようにしましょう。

ボトムスはそれに加えて歩きやすさも快適であるかどうかに繋がるので
自身の好みや状況に合った素材の物をしっかり選んでおきたい所です。

今回紹介したことを活かして、暑い季節に適した着こなしをしてみてください。

暑い季節にトップスはどう着こなすべき?扱い方の工夫を紹介します。

暑い季節にトップスはどのように着こなすべきなのでしょうか。
扱い方の工夫を紹介していきます。

・軽装時のトップスは全体のバランスを考えて選ぼう

暑い季節では汗を掻きやすい関係で服装が軽装になりがちです。
用いるトップスも通気性が良い薄手の物を使用することが多いでしょう。

こうした軽装時はコーデのアイテム数が少ないため、全体の調和やバランスが
取りづらい傾向にあります。
お気に入りのトップスをコーデに組み込みたい場合でも、ボトムスや体格との相性次第では
それなりの工夫が必要となるでしょう。

トップスはスタイルやイメージの方向性を大きく決めるものなので、
出来るだけ全体のバランスを考えて選ぶことが望ましいです。

・ノースリーブシャツの着こなしについて

肩が出るノースリーブ系のアイテムは暑い季節にはぴったりの涼しさを提供してくれます。
しかし、体が太めの方はボディラインが出やすい関係で同アイテムを敬遠する傾向が多いです。

もし、そういった悩みで着用しづらい場合は、膨らみのあるボトムスを合わせて
コーデのシルエットを整えてみましょう。
シルエットのラインを綺麗に作ることが出来れば、体格による影響が
出にくくなります。

また、ベルトなどを用いてボトムスをやや上げ気味にしても締まった印象になりますよ。

暑い季節にアウターはどう着こなすべき?扱い方の工夫を紹介します。

暑い季節にアウターはどのように着こなすべきなのでしょうか
扱い方の工夫を紹介します。

・日焼け対策にアウターを身につける

暑い季節、特に夏の時期には軽装を好む方が多いです。
汗をかきやすいこともあってアウターを身に着けるなんて考えられない、と思う方もいるでしょう。

しかし、日焼けや紫外線による肌荒れ対策として、アウターを身に着けるという選択肢も
こういった時期には有効です。
日焼け対策としては簡単で、なおかつクリームなどにかかる費用も必要無いのが
メリットと言えるでしょう。
もちろん薄い生地のアウターであることが前提です。

・アウターを身に付けて暑い季節でもお洒落を

軽装になりすぎて服装のバランスがいまいちだなと感じた時も
アウターを身につけるのがおすすめです。

清潔感のあるカラーを選べば涼しく見えやすいですし、なによりアイテム数が多くなるので
オシャレ度もアップします。
かさばらないものであれば、トートバッグなどにも収納できるでしょう。

暑い季節だからアウターを身に着けない、ではなく暑い季節だからこそ着用の
工夫をする、という意識が自身をお洒落にしていくカギとなります。

今回紹介したことを参考にして是非アウターを使いこなしてみてください。