暑い季節に帽子やアクセサリーはどう扱うべき?

暑い季節に帽子やアクセサリーはどのように扱うべきなのでしょうか
各点をまとめてみました。

・暑い季節では自身に合った帽子をしっかり選んでおくことが大切

帽子というとキャップ帽、ハット帽などが一般的ですがそれ以外でも様々な種類があります。
それぞれ日差しを防ぐ範囲や熱を吸収する効果が違っているので
暑い季節では自身に合った帽子を被っておきましょう。

暑い季節に帽子を被るメリットとしては、紫外線や日焼け対策、熱を避けて
汗の量を減らす効果などがあります。
普段帽子を被らないという方はこの機会に、好みの帽子をコーデに取り入れても
良いかもしれません。

・熱を溜めない材質のアクセサリーを身につけよう

暑い季節でのアクセサリーの扱いで気をつけたいのは、熱を溜める材質であるかどうか。
太陽熱を吸収しやすい素材で作られていた場合、
アクセサリー自体の温度が上がってしまって身につけづらくなる可能性があります。

また、夏場に関して言えば太陽光が出やすい時期なので日光、そして青空に映えるカラーや
輝きがあることが望ましいです。
人目を惹く効果があるアクセサリーだからこそ、こうした見映えの点はとても重要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です